自然あふれるビジネスモデル事業

ゆさぶられるまち京丹後のイメージ画像

自然あふれるビジネスモデル事業について

 京丹後市では、令和3年2月にテレワーク推進戦略を策定し、市全域を「自然あふれるビジネスセンター」とする構想のもと、多様な特長を持つ市内事業者が中心となり、豊かな自然環境とテクノロジーが調和した産業のイノベーションを創出するビジネスモデル化に取り組んでいます。

 その中で本事業は、市内のテレワーク環境を有する事業者や関連団体・行政等が協働し、多様なニーズに対応したテレワーク・ワーケーションプログラムを展開することにより、都市部から京丹後へ新たな人の流れをつくる「京丹後ワークスタイル」の構築を目指しています。

事業実施者「丹後リビングラボ」について

 本事業の実施者として、令和4年10月に新たに誕生したのがコンソーシアム(事業共同体)「丹後リビングラボ」です。

 丹後リビングラボは、「都市と京丹後の人や資源が交ざり合う、共創フィールドへ」をコンセプトに、様々な特長を持つ市内外事業者が集まり、京丹後をフィールドに都市部企業やビジネスパーソンが継続的に関わるための仕組みや環境を整え、地域や業種の垣根を超えた新たな協働・共創モデルづくりに取り組む団体です。

グループワークの様子
企業研修の集合写真
質問している様子
付箋に記入している様子
記入した付箋を交換している様子
発表内容についてフィードバックを受けている様子

 丹後リビングラボの活動内容、京丹後市内で参加できる企業研修プランやワーケーションプランがウエブサイトにて掲載されています。

 詳しくは「丹後リビングラボ」のウエブサイト(下の画像をクリック)をご覧ください。

お知らせ

京丹後市内のコワーキングスペースのご案内

コワーキングスペースの画像

 京丹後市内には10か所以上のコワーキングスペースが整備されています。

 ほとんどのコワーキングスペースは、宿泊施設・飲食店、・キャンプ場・道の駅などと併設されており、テレワークやワーケーションに最適な施設が揃っています。

 各コワーキングスペースの詳細な情報につきましては、丹後リビングラボのウエブサイトをご覧ください。

支援・補助金制度

 京丹後市は、市内のテレワーク拠点を拡大することにより企業を誘致し、地域に新たなビジネスや雇用を創出することで、関係人口・定住人口創出による地域活性化を目指しています。

 市内においてテレワーク環境の整備、またはテレワークを導入したサテライトオフィスを設置した事業者に対し、設置及び運営に必要な費用の一部を支援します。詳細は京丹後市ウエブサイトをご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

商工観光部 商工振興課
〒629-3101
京都府京丹後市網野町網野385番地の1(ら・ぽーと)
電話番号:0772-69-0440 ファックス:0772-72-2030
お問い合わせフォーム